FC2ブログ
☆FUNNY STREET☆
chibayoのホームページFUNNY STREETの日記です。 お知らせやメモとかテキトーに書いてます。
プロフィール

chibayo

Author:chibayo
chibayoのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行記&イベントお知らせ
さーてそろそろヨーロッパ旅行のレポでもしますか!
その前にお知らせです。

-------------------
イベント情報!
4月22日(日)のみ世田谷アートフリマ出展決定!
5月5日(土)COMITIA100 初参加です!
5月12(土)13日(日)デザインフェスタ ブース番号C-48に決定!

よろしくお願い致します!新作多数の予定なので!
-------------------

2月23日~3月1日までローマとパリに行ってきました!
(長いので興味無い方は飛ばして下さいねー)
とりあえず先ず、楽しかったに尽きますねー
何をしたわけでもないんだけど、見るものすべてが素晴らしい其れに尽きる
なんてったって街を歩くだけで楽しいんだもん
街の中に居るというのはその世界に浸るってことだと実感しましたよ
正に浸っていたのですよオラは
溜息と驚きと感動ですよ、ありきたりだけど人間ってすげぇぇぇって思いました

ローマには夜ついたのでその日はすぐ就寝
朝食付きで、種類も結構あったんだけどパンが殆ど甘くて…
そしてサラダ的なものは無いんですねー
ジャムが瓶入りの使いきりタイプで食べ放題なので3日かけてバックへ忍ばせましたwお土産

バチカン美術館へ
ガイド付きにして心底良かった
説明読もうにも全部読めない言語だしねw
今回ガイドさん全部あたりだったハキハキしてて頼れる先生みたいな
今のガイドのイヤホン最新すぎてちびったw
機械のチャンネル合わせて中継みたいに同じグループの人にしかガイドさんの声聞こえないようになってるの
だから多少遠くに居ても説明聞けるし、好きなように見れるこれ普通なんだよねすばらしいよ
resize0355.jpg resize0356.jpg 

時間はそんなにないのでもちろん全部は無理だけど多分初心者向けのコース
なんでもバチカン美術館は歴代法王による世界最大級の美術館だそうですyo
resize0359.jpg
↑の燭台のギャラリーで言っていたと思うのですが(そこだけのことかもしれませんが
今の美術館のように、いつ誰が何を描いてという年代やそのものの詳細は当時そこまで重要ではなかったらしいというか知らべようが無かったと
というのも、教皇領内で発掘された美術品や、歴代教皇達の収集美術品を展示してあるらしいんだけど
領内で発掘された物(主に彫刻)は殆どバラバラにの状態で発見されて
それが膨大すぎてバラバラすぎて元の形が分からなかったりするものが多かったんだと(だから有名な彫刻も殆ど胴体より細くて折れやすい顔、腕、足は無い事が多いのねと
でも昔の人はそれをこんな不完全なもの美術品じゃない、とは思わず
むしろ当時よりもっと昔にこういうものを作った人が居たんだと
この彫刻(古美術)は一部分しか残っていないけどこんな形でこんな姿をしていたんだろうなぁと思いを馳せて展示したんだって
それがロマンティックという考え方なんだってつまりローマ+アンティーク
オラ感動した、これマジで感動した
その証拠に顔より遥かにデカイ足の親指?や足首など(とにかく足のどっかの指だと思うんだけど)だけが展示されてたり↓
resize0365.jpg
これって想像しても、し尽くせないけど、とんでもなく大きなものだったんだろうなとは分かるわけじゃない
これを昔の人が足の指だけしか残ってないからいいやーと思わずにその彫刻に思いを馳せて展示したということにオラは感動したんよ(まぁ想像だけど
と、そう思うオラはロマンティックじゃないですかって変だけどそういうこと
オラも勝手に「そうしたんだろうなぁ」と感じているわけですよ
その人も同じことを思って展示したんだろうなぁと、そんなのとってもワクワクするじゃないですか!
オラはその誰がいつ何のために作ったかも分からない足だけの大きな彫刻に釘付けですた
バチカン市国という厳格な空間の中にその名もない古代の彫刻たちが並んでいるのが本当に素敵だった
その作品の向こう側を見るってこういうことなんだと実感しますた本当に

でその場所はいろんな彫刻の破片が通路に飾ってあるんだけど元は美術館としてではなく来た人を通すための通路で
そこに美術品をおいて通りながら見てもらうために作られたらしい
それをギャラリーというんだとへぇ

というかね見るとこありすぎて大変なんですね
広いというのはご存知かと思うんですが、天井の隅々、壁、柱とか全部が豪華すぎてどこ見ていいか分からねぇよという
だから行って空間を体感するって素晴らしいわと思いますた
てゆか醍醐味ですよね

有名な壁画ですねラファエロ作
こんなお部屋が4室ほど連なっているわけですよお腹いっぱい
resize0377.jpg

最後はシスティーナ礼拝堂の最後の審判&天地創造ですが撮影禁止なんでお写真なしですが
どうしたら一面にあんな物を描けるのか聞きたいミケランジェロに
この人相当な苦労人だな

その後サンピエトロ大聖堂の一番上へ
resize0379.jpg

ちょー天気良くて汗かきながら500段ほどの狭い階段を登る…
景色は良かったです、人が多くてたいへんー狭いのもあるが
resize0383.jpg


その後サンピエトロ大聖堂内へ
resize0385.jpg resize0387.jpg
今回の旅でいろんな教会行きましたがココが一番ですた
前情報は天使と悪魔wwくらいで
キリスト教には詳しくないし装飾の意味も良くわからないんだけど
とにかく圧倒的
でかすぎるし豪華すぎるし美しい!結構意味わからないレベルwwそこに居るのが不思議になっていきますあれは
人間が作ったのかと、考え込むよほんと…
resize0396.jpg

その後は適当に普通なお昼食べて、天使と悪魔コースwへとつづきます

これまだ半日分だから…ww
まぁ気長にお付き合いくださいw
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。